« 久しぶりのPC自作その1 | トップページ | 新川も久しぶり »

2013年2月10日 (日)

久しぶりのPC自作その2

今朝起きて早速昨日の結果確認でBIOSを見ていると、ファンに赤いバーが出た消えたり?

Dsc03368

調べてみると、マザーボードのケースファン端子に刺さっているファンの回転を調べ設定値より回転が下がると、赤いバーになり知らせる機能らしい。
よく見ると赤いバーになっているFAN2の回転が596RPMになっている、時間がたつと600RPMを下回る事はなくなるのだが。
なぜFAN2回転数がFAN1やFAN3より低いかと言うと、買ったケースには元々フロントとリアに一個づつファンが付いているのだが、フロントには二個のファンを取付け出来るようになっている。そこでファンを一個増設したのです、元々のケースファンは14cmの1000RPM物が付いていた、そして増設用に買ったファンが900RPMタイプだったのだ。
それでマザーボードに標準で設定されている最低回転数ギリギリの為、600RPMをきるとエラーの赤いバーになるようだ、そこでマニュアルを見るとFAN1~3個別にファンの故障を判断する最低回転数を設定できるようになっていた。

Dsc03369

早速FAN2の最低回転数を500RPMに設定しなおした。
これでFAN2の赤いバーも出る事は無くなった。たいした事なくても、赤いメッセージは心臓に悪いよね!

と言うことで、エラーが無くなったので安心してメモリテスト走らせた。
Memtest86+と言う物でディスクやUSBメモリに入れてセットすると直接起動するプログラムです。
これが搭載されているメモリ(32G)を全てテストしてくれるのです。このプログラムはESCを押すまで走り続けます、そして一通りのテストが完了するまで私の場合(32G)2時間17分31秒ほど掛かりました。
何回もテストしたほうが良いのでしょうが、今回はPassが1になったところで止めました。

_dpp_1018

とりあえずテストが一周してErrorsが0、先ずは一安心ですね。
さあ次はSATAのモードを確認してOSのインストールだ!
一緒にパーツを買い初自作のaky4kさんはどこまで行ったかな?

|

« 久しぶりのPC自作その1 | トップページ | 新川も久しぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/56734786

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのPC自作その2:

« 久しぶりのPC自作その1 | トップページ | 新川も久しぶり »