« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月22日 (火)

K750r ファンクションキーのカスタマイズ

先日買ったキーボード(K750r)には[FN]キーとファンクションキーを同時に押す事で色々な便利な動作をするようにセットされている。

Sleep
その中にF12キーにPCの電源を操作する設定がなされている、既定ではスリープが設定されていた。

Fkey_2
私のPCは日常的にスリープになるように設定している、その為今まではWindowsキー→右矢印キー→Enterキーと三つのキーを順に押す事が必要だった。
しかし、これからは[FN]+[F12]を押すだけでOK!
これは便利と早速使って見た。
が、スタートボタンからのスリープへの移行と何か動作が違う?

MyPCはSSDに換装した際にWindows7のハイブリッドスリープのハイバネーションを止めてあり、スタートボタンからスリープするとすぐさまスリープに移行する、メモリーの状態をHDDに書き出す事をしないので当然だと思う。

それが、キーボードでスリープすると電源が落ちるまで時間が掛かる?スリープに移行し再開時も異常なく動作するのだが、妙に時間が掛かるのが気になる。

ネットで検索しているとあるサイトの[Windows7 タスクバーにスリープボタンを配置する]と言う記事が眼にとまった。
そこでsetsuspendstate.exeを使いスリープへ移行する方法を紹介されていた。

setsuspendstate.exeの事を詳しく知りたい方はコチラからどうぞ。

実験してみると、スタートボタンからのスリープ動作と同じように即電源が切れるようになり、これは良いと早速キーボードのファンクションキーをカスタマイズ。

Fkey2
これでPCから離れる際も[FN]+[F12]の簡単操作でスリープが出来るようになりました。

次に[F5]キーにインターネットラジオのショートカットキーをキーストロークの割当で登録しキーボードのカスタマイズも完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

安かったキーボード(K750r)

マウスを買い替えてからキーボード用とマウス用のレシーバーが2個USBに刺さっているのが気になってしかたない。
MSのマウスにすれば良かったのだが気に入ったのがなく、やむなくELECOMのマウスを買って見たがどうにも手になじまず、結局はLogicoolのマウスを買って調子よく使っている。

K750rそれで、レシーバーを一つにまとめるとなるとキーボードもLogicoolにしなければならない。

それで気になっていたキーボードがK750r

最大の特徴が今流行のECOな商品、ソーラーパネル搭載で電池要らずのワイヤレスキーボード。
太陽であれ照明であれ光があれば発電し動作するというもの。

その他の特徴は、乾電池を必要としないからか非常に薄く(7.5mm)出来ている、テーブルとの段差が小さいので打ちやすい。
又、ローマ字入力の自分にはひらがな表記のないスッキリしたキートップがお気に入りでもある。

そのキーボードK750rだが、K750からマイナーチェンジでK750rになり昨年の11月に出たばかり。
先日カメラバックを買った時ヨドバシで価格をチェックしたら7千円台とまだ高かった、価格.comの最安値も6千円台だったので仕方ないと思っていたが、隣の九十九に行ってみると、な!なんと、5,980円!思わず買ってしまいました。
と、その日はカメラバックとキーボードを抱え帰る事になったのでした。

早速ソーラーパネルの発電量を我が家の使用環境で見てみました。

K750r1_3K750r2_2

左が日中の天気が良い時、メーター振り切っています。
夜はと言うと蛍光灯下で計ったのが右です、使用には十分でしょう!
一番条件の悪い夕暮れ時の照明をつける前で100LUX程度ありました、何とかなりそうです。一応ボタン電池も入っており発電不足の際は電池で動作するらしい、充電は光が当たっていれば常にしているとの事。
このECOな状態がそのまま続いてほしいものだ。

さてそのキーボード、使って一週間も過ぎ使い心地は?今まではメンブレンのキーボードだったので、ストロークが浅いがパンタグラフのキーボードが私には合っているのか以前より打ちやすい感じがします。
前のMS5000はFキーが小さく高さが他のキーより低くなっており打ちにくかったが、これは大きさもあり大丈夫でした。

これで入力機器関係のレーシーバーも一つにまとまり、USB周りもスッキリ!キーボードの操作性も良くなり、今日の価格.comの値段より安く買え、正月早々良い買い物が出来たのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

散歩を断念

いましがたの事、天気が良いのでいつものように散歩に出た。
が、しかしである。

_dpp_1044

ご覧のように昨日から今日にかけ降った雪で一面の雪野原状態、前回の足跡もたどれず一歩踏み入れれば長靴が全て埋る状態!
やむなく今日の散歩は断念せざるを得なかった。

雪上を歩く何らかの手立てを考えなきゃ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

ドンケF-5XC(カメラバック)

少し前にaky4kさんとSkypeで話していたらカメラバックの話になり、その内ヨドバシにでも行ってみようと言っていた。
丁度自分も孫の運動会や学習発表会等に持っていくカメラバックが欲しかったのでネットで色々調べていた。

カメラバックはロープロのスリングショットを持っているのだが、機材を殆ど詰め込めるのはいいのだがその分大きい。
運動会や学習発表会等はサンヨン(300mmF4)で間に合うしプラス標準ズームがあれば殆どの場面で困る事はないだろう。と、言う事でそれらをコンパクトに収納できるカメラバックを探していた。

F5xc

ヨドバシのサイトで色々見てみるが、帯に短し襷に長しでなかなか丁度いいサイズってないものだ。
そんな中このドンケのF-5XCに出会った。

商品仕様によると内寸が横 26×幅 9×高さ 22と書いてある。そして前面下部にファスナーがあり、内部を上下に仕切る事で最大径90mm長さ245mm(前後のレンズキャップ装着時)のレンズを前のファスナーから下部へ、ボディと標準ズーム(24-105)を上部へ入れたら丁度いいのでは?

それで今日の午前中aky4kさんとヨドバシへ行き現物で収まりを調べてみた。お店の方にお願いし展示品のサンヨンを借りてバックに入れてみた。が、入らない内寸で横幅が26cmのはずなのにファスナーの分入口は狭くなるとしてもファスナーをかわして入るだろうと思っていたが、無理だった。
駄目元(内寸高さ22cm)で縦に入れてみると、何と!ピッタリと入るではないか?
なぜ?どうして?高さ22cmなのに24cmのレンズが余裕でおさまっている!

そういえばネットでバックを物色中何処かのブログに寸法は結構アバウトだ、と書いてあったのを思い出した。
それではとカメラ(5D2)も借りて標準ズームをつけたまま、縦に入れたレンズの横にカメラを下向きに入れてみた。何と!あつらえた様にピッタリ収まるではないか!
これはもう買うしかない!と言うことで買ってきました。家に帰り内寸を計ってみると縫い目のマチ部分で計っても24×24cmありました、幅は仕様どおり9cmでしたが幅と高さはアバウトでした。まあ、結果オーライと言う事で良しとしましょう。

_dpp_1043

付属の仕切りをセットし、バッテリーやメモリーカードを入れる場所も作り、EF300mm F4L IS USMとEF24-105mm F4L IS USM付のEOS5D2がピッタリとおさまっています。
長玉が必要ない撮影には上下に仕切ったりして3、4本のレンズを入れられそうです。

 

と、言う事で今日はなかなかいい買い物が出来嬉しい日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

今季初!オジロワシです。

この冬は昨年末に大量の雪が降り、我が散歩道の新川沿いの遊歩道も雪に覆われ、歩く人もなく道はついてない。
しかし、しばれが強い為か長靴のみでも結構歩けるのです、昨年カンジキを盗まれてから雪上を歩く手立てがなく散歩の機会も減ったのだが、この所はたまに出かけています。

そんな今日の散歩の際、今季初のオジロに遭遇しました!

_dpp_1042

新川沿いを歩いていると下流方面から飛んできて私たちを追い越しやや先の対岸にある大きな木に止まった、写真が撮れそうと足元の悪い中急ぎ近づくと集まったカラスに追われ飛んで来た下流方面へ飛び去ってしまった。
残念ながら完全に近づく事が出来ず、あまり大きくは撮れなかったが、トリミングで何とかオジロと判る写真が撮れました。

さあ!この冬は何回オジロに逢えるでしょうか?楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年元旦

2013年あけましておめでとうございます。
今年の我が家に居ながらにしてみる初日の出、残念ながら土手から昇る太陽さんは雲にさえぎられ見る事ができませんでした。

_dpp_1027

昨年裏庭の木の伐採したので、土手から昇る朝日が見やすくなっており期待していたのだが残念であった。
初めて陽が差し込んだのは八時を回った頃でした。

_dpp_1028

早起きして出掛ければ日の出が撮れるのかも知れないが、すっかりズボラを決め家で窓越しの写真である。
まあ、今年もこんな調子で気張らずに更新していくつもりです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »