« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月19日 (火)

カモなしカナール

午後から久しぶりに青空が出たので、カモのあかちゃんを撮りに前田森林公園まで行ってきました。
清掃されたカナールはどれだけ綺麗になったか?綺麗になった水面にカモのあかちゃんはいるか?
期待に胸膨らませEOS片手に駐車場からカナールへ、一番先に感じたのは「ん、水が入ってない?」いや、近づくと入っている。よく見ると今までより水位が低いように思う、その為遠目に見た際水がないように感じたのかもしれない。
それにパッと見「清掃したの?」とも感じた、確かにこの前は全体に茶褐色に汚れていたものが大分薄くなっている、確かに以前よりは綺麗になっている、が、期待が大きかった為か?考えていたイメージとは違いが大きかった。
で、問題のカモのあかちゃんだが・・・いない・・・
私の気持ちのように空には雲が出てきた、でも、カモのあかちゃん達はどこへ行ったのでしょう?

カナールの中は確かに清掃され水が張られていたが、何もいない、静かなものでした。

Dpp_0485

かろうじてカナールふちの草むらにいたカモ達。
写真の様に茶色の汚れが取りきれずに残っている、清掃しても取れなかったのだろう、残念だが仕方がない事だ。

Dpp_0486

目的のカモのあかちゃんは居ないので、散策せずに帰ってきました。
帰り道カモのあかちゃんの代わりに、つぼみや種など=子供と思えるものを撮ってきた。

Dpp_0490

Dpp_0488

Dpp_0489

前回の水なしカナールに続き今回のカモなしカナールと、前田森林公園は残念な結果となった。
それにしても前回居た二組のカモの家族はどこへ行ったのでしょう?大きくなる前にもう一度見たいものだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

我が家のユリが開きました。

蝦夷梅雨のようなハッキリしない天気が続いています。 先日の前田森林公園のカモのあかちゃん、青空が出たら撮りに行こうと思っているがなかなか行けずに居る。
そんな雨模様の中、我が家のユリが開きました。

Dsc01024_1rs

結構ユリの匂いがするらしいが、私の嗅覚は機能が低下していて匂わない、残念である。

それでは我が家の玄関横にある花壇で雨に濡れ咲いている花々をご覧下さい。

Dsc01029_1rs

Dsc01030_1rs

Dsc01031_1rs

Dsc01032_1rs

Dsc01033_1rs

Dsc01034_1rs

Dsc01035_1rs

Dsc01038_1rs

Dsc01041_1rs

Dsc01043_1rs

Dsc01044_1rs

Dsc01045_1rs

Dsc01046_1rs

雨の中花達は元気にしっかり開いています。ちょっと遠くのこれを見てくれてるだろう貴方、そう!貴方!
私達も負けずに元気で行こう!
早く晴れる日が来ることを願って・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

水なしカナール

先日(7日)運動がてらに自転車で前田森林公園まで行って来た。
先ずはカモのあかちゃんを見にカナールへいってみると、なんと!水が入ってない?堆積した泥の茶色一色になっている。
駐車場側から入ったのだが、水が抜かれたカナールには所々水が残っている程度でカモの姿はない、カモの赤ちゃんとのご対面は半ば諦め進んで行くと・・・
居ました!かろうじて残っている水にカモのあかちゃんが・・・

Dsc01019rs

この9羽ともう一組10羽の家族が居ました。水なしカナールにカモのあかちゃんちょっと可愛そう・・・

看板によると、10日に清掃をする為水を抜いているようです、今頃は綺麗になり水が張られたカナールでゆったりと泳いでいるでしょう。

日曜に清掃も終わっている筈なので、カモのあかちゃんを撮りに行こうと思っているのだが、天気がいまいちだったり孫が遊びに来たりでなかなか行く事が出来ずにいる。
さて綺麗な青空はいつか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

ヒラメだ!

さて、三人組三回目の釣は豊浦へ、心配していた台風も消滅し天気に恵まれ午前0時頃には現地到着。
いつもナビゲーター役のS氏も初めての場所のようで、暗い中現地の案内図を確認し駐車場に車を置きいざ釣り場へ、暗いので周りの状況はよく分からないが先客はいないようだ、先端部まで行きそこで釣開始となった。

そしてあまり大きくはないが宗八がポツリポツリと釣れだし、そんな釣り開始まもない1時半ごろであるS氏がリールを巻きながら大きいと言っている、K氏と二人S氏の所へ見に行くと三人のライトに照らされた海面に白い大きなものが見える、急ぎタモを用意しとり込もうとするが、釣り場が海面からやや高いうえに魚が大きくてなかなかタモに入らない!

Dsc01003rs

しばし格闘の末やっとタモに入り何とか吊り上げた、間近で見ると海面で見るよりはるかに大きい!私はこんなに大きいのは見たことがない!、その時S氏がヒラメだ!と言った、よく見ると向きが違う?パッと見区別できない私だが言われてみると確かにヒラメだった、サイズを測ってみると62cmもあった!ウーーン大きい!

Dsc01007rs

しかし、ヒラメが投げ釣りのカレイ用の仕掛け(イソメ)につくのは珍しい事のようだ、ルアーなどで釣っているようです。

そんな訳で今回の釣りは大物(ヒラメ)から始まった。が、それ以降はあまり大物は釣れず15~30cm弱の宗八やイシモチ・スナ・マガレイ等で、数は各人40~50釣れました、それとタカノハも釣れたが35cm未満なのでリリースしてきた。
この他にヒトデも大漁で相当吊り上げました、朝方近所のおばさんが畑に入れるといってヒトデを回収に来てましたhappy01

さて今回の釣り場、釣りをするべく造られている、なにせ手すりの部分に竿たてが付けられているのです。

Dsc01011rs

明るくなって全体が見えると相当な広さの海浜公園になっていて、キャンプ場の前浜が海水浴場になっていて、それを囲むように突堤が出ているのだ、その突堤の先端で釣りを楽しんでいたのだった、駐車場から突堤の先端まで荷物を持って歩くのだがその時は長く感じたが、改めて地図を見ると300m程度の距離だった。
それにしてもこんなに整備され釣り人に優しい所もあるんですね~ここなら気楽に家族連れで楽しむことも出来ますね。
ただこの突堤高さがあるので、水を汲んだりスカリの上げ下げが大変だった、それなりに数が釣れ十分楽しんだ分スカリの上げ下げも多く久しぶりに疲れたようだ、昨日帰ってきて風呂に入りそのまま寝て今朝7時までぐっすりと休みました。
さて、三人組の釣りも夏場は一休み、次回はいつごろか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »