« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

ノートPCもメイリオへ

Srx3

ディスクトップのシステムフォントをメイリオに変更し、その見易さに気を良くしノートPCも同じようにスタイルの変更(見た目Vista化)とシステムフォントの変更をしました。
思ったよりは動作も重たくならず、何とか使える範囲だった。

テーマファイルのコピー、フォントのインストール、それらの設定などディスクトップでやったことなのですんなり終了した。
が、なぜか文字の表示が薄いせっかく見やすいフォントになったが表示が薄くて輪郭がはっきりせず読みにくい!ACアダプターを繋ぎバックライトを明るくすれば良いのかもしれないが、バッテリー駆動時はバックライトの輝度をあまり上げたくは無い・・・

そこで登場するのがClearType Tuningというもの。これはMicrosoftが提供しているWindowsの追加機能の一つで、それぞれの使用環境に応じてClearTypeの表示をチューニングできるものです、つまり自分のモニターでClearTypeの表示が一番見易いように調整すればいいってことですね。
使い方はコチラを参照してください。
ClearType Tuningをダウンロードしインストールしてもスタートメニューには登録されず、コントロールパネルに登録されます、使う時はコントロールパネルからどうぞ。

ディスクトップの時は調整してもあまり変化は無かったが、ノートの場合結構見やすくなりました。

2

こんな感じです、最近はあまり使われなくなったノートPCだが、たまにコタツに入って使う時でもきれいな文字で気分は最高!scissorshappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

XPのシステムフォントをメイリオに

フォント比較

Image052

さて、前回書いたようにWindows7を使ってみて気に入ったのが、画面の文字が読み易いという事。
今までも見た目をVistaにする物があったが、多くはXPのシステムを書き換えてしまうのもで何か不具合があっても元に戻すのは容易ではなく、結局システムリカバリをする羽目になったりする物が多かった。

それで今回は、元々XPにある設定を変更するだけ+αで出来る、リスクの少ない見た目Vista化を実施してみた。
簡単に元に戻せるので、気楽にチャレンジできます、貴方もいかが?お決まりの自己責任ですが・・・

まず、見た目に影響が大きいタスクバーやスタートメニューですが、これはMicrosoft製ではない他のテーマを適用する事でVista化する。
このテーマファイルは私が使ったVistaVTの様にベクターなどにフリーソフトとしてあります。
これをダウンロードし解凍して出来たフォルダー内のVistaVTというフォルダーをC:\windows\Resources\Themesにコピーすればよい。

Image044_2

後は、下図のように画面のプロパティのデザインで、ウィンドウとボタンのリストから先ほどコピーしたVistaVTを選択するだけだが、なぜかリストにVistaVTが無い?
これは、Microsoft製のテーマファイルしか受け付けない様になっている為だそうです。

Image045_2

そこで登場するのが、WindowsXP SP3を使っているならUXTender(Microsoft製以外のテーマファイルも受付するようにするもの)です。(<注>WindowsXPがSP3以外の場合、UXTenderは使えません)
UXTenderは検索するとすぐに見つかります。解凍し実行したらPatchをクリックすればOKです、再起動するようメッセージが出るので再起動する。
ちなみにRestoreをクリックすると元に戻せます。
これで無事VistaVTがリストに現れ選択できるようになり、選択すると

Menu_3

Image040_3

の様にVistaっぽくなります。
先程の画面のプロパティで元のスタイルに戻せはいつでも元通りになります、安心ですね。

次にフォントの変更です、Vistaが発売になってXPでも使えるClearType 対応メイリオが配布されるようになってインストールしている人も多いと思いますが、しかしこのフォント文字幅が大きくシステムフォントに指定すると、非常に間の抜けた表示になってしまう。
そこでMSゴシック・MSPゴシック・MSUIGothic等と同じ文字幅で作成されたMeiryoKe_Gothic・MeiryoKe_PGothic・MeiryoKe_UIGothicが必要になるのです。
[meiryoKeGothic500.zip]で検索していただくと見つかると思います、ちなみに私はこちらからリンクをたどりDLしました。
DLしたら解凍しmeiryoKeGothic.ttcとmeiryoKeGothicB.ttcをフォントフォルダーにコピーする。
もう少しで出来上がりです、コピーが終わったらフォントを設定します、画面のプロパティを開き、右下の詳細設定を開く

Image049

次に開いたデザインの詳細で[指定する部分]から変更したい部分のフォントを指定する。

Image047

自分は[アイコン][アクティブタイトルバー][パレットタイトル][ヒント][メッセージボックス][選択項目]のフォントをMeiryoKe_UIGothicに指定しました、好みに応じてフォントやサイズを変えてみると良いでしょう。
フォント指定時の注意として、指定する場所によって上のサイズが変化する場合があります、フォントを変える前にサイズを覚えておき変化したら元に戻そう、忘れると表示が崩れるかも。
もし崩れてもデザインで別のスタイルを選択し、適用すると元に戻るので最初からやり直せばOKです。

最後に画面のプロパティの右下の[効果]を開き、[次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする]にチェックが入っていることを確認し、デフォルトは[標準]になっているのを[Clear Type]に変更する。

Image046

[OK][OK]で窓を閉じると出来上がりです。

スタイルとフォント指定、既存の設定を変えるだけで出来る見た目Vista化です、すべてのフォントが置き換わるわけではないが、各ソフトのメニューやIEのお気に入りなど見やすくなります、簡単に出来て楽しめますよ!

しばらくはこの設定でいきたいと思っています、貴方もやってみたら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

Windows 7 試用終了

Image037

Windows 7 RCの使用期限も今月で終わりますね。
3月からは2時間おきにシャットダウンされるようです、さらに変更は保存されないとか・・・

さてXP使いの私・・・
Vista発売時はOSの入れ替えなど考えてもいなかったが、Windows 7の発表で出来れば64bit環境に移行しようかな?なんて事もあり、RC版をデュアルブートにして色々テストをしてきました。
まず、私が使用しているハードのドライバーだが殆どのものが用意されているが、少し古めのスキャナーとキャプチャー代わりに使っているTVチューナーカードが使えない。
キャプチャー(古いので)は買い換えてもいいのだが、スキャナーがもったいない。
CPUが古いためXPmodeが使えない、他は概ね使えそうである。
次にソフトだが、ソフトに関しては64bitを使う環境が整ってはいないようだ、IE64bit版のFlashすらないのが現実だった。
しかし手持ちのソフトはフリーソフトの一部を除き、殆どのソフトが動いていた、現在の使用環境をWindows 7上に構築することは出来そうである。
ただ巷に溢れるソフトが64bitになるのはもう少し先のようだ。
ひとついい点があった、それはXPのWindows Media PlayerでもQuickTime Playerでも正常に再生できなかったEOS5DⅡのHDムービーが、Windows 7 32bit/64bitどちらのWindows Media Playerでもすんなり再生できたのは大変良かった、後のソフトはパフォーマンスが変わるわけではなくXPと同じに使えると言う範囲だった。
ソフトも64bit用に作られメモリーもふんだんに積めば64bit本来のパフォーマンスが発揮できるのでしょう。

と言うことで、私の環境ではもう少しXPで使うのが吉と判断し、Windows 7はMyPCから削除されました。

さあ、もう少しXPで頑張ろう!
しかしWindows 7の文字は読みやすかったな~
なので、我がXPもシステムフォントをメイリオに変更してみました。

Image036

今までの線の細いギザギザフォントではなく、読みやすいでしょ!

詳しくは次回に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

やっぱり削除

先日バージョンアップしていたTrue Transparencyをインストールして、追加されていた機能のAeroShakeとAeroSnap、特にSnapが気に入っていたのだが・・・

やはりMyPCとTrue Transparencyは相性が悪いらしく、特にExcelで不具合が出る。
昨日もマクロを作成中、実行・デバッグを繰り返しているうちにだんだんフォーカスがこなくなりしまいには応答しなくなってしまった。

Excelに関するものを除外リストに載せても良いのだが、結構使用頻度の高いExcelでお気に入りのSnap等が使えないのは×なので、早速削除となりました。

Image033

で、元の表示に戻りました。
せっかくお気に入りのSnapだったが、数日の楽しみに終わりました。

XP・VistaにAeroSnap機能のみを追加する、aerosnapというフリーソフトもあるが、これが私のXP環境でいまいち使い勝手が良くないのだ、Vistaなら良いのかもしれないが・・・

結局この手の新機能を使うには、OSを新しくするのが一番と言う話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

Aero Shake & AeroSnap

久しぶりにフリーソフト True Transparency のサイトをのぞいて見た。

True Transparency はこの写真のように、タイトルバーを透明化してXPをVista風にするソフトなんですが、

Dt

以前入れたときにはVerが0.9*で、ソフトによっては色々支障が出て結局は削除したものだ。それが今回Verが1.3になっていたので、入れてみました。

そして今回はWindows 7に搭載されているAero ShakeとAero Snapの機能が追加されていた。
Aero Shake・Aero Snapとはどんな物かは、次のリンクをご覧下さい。

Aero Shake
http://www.youtube.com/watch?v=NrjtRax5wvY&feature=related

Aero Snap
http://www.youtube.com/watch?v=MzQQcdw1qmY&feature=related

意外と便利かも?
とりあえず以前はだめだったソフトも今のところ支障はないようなので、少し使ってみることにした。

一番のお気に入りな点は、
モニターは17インチ2台をDualviewで使用しているのだが、例えば左のモニターで最大化している窓を右に移動し最大表示する際、今まではまず□をクリックし元のサイズに戻し、タイトルバーをつかみ右へ移動し、それを最大化する必要があった。
それが、今度は左で最大表示しているウインドウのタイトルバーをドラッグし右に移動したらタイトルバー(マウスカーソル)を画面上部にあわせドロップするだけで右側で最大表示になる。
つまりクリックしドラッグ&ドロップしまたクリックしていたものが、ドラッグ&ドロップのワンアクションですむのである、非常に便利だ!画面の上にスナップすると全画面表示になるのだが、画面の左右にもスナップできる、画面内に落とせば窓のままの移動ができる。
特に2画面を使っている場合なら非常に便利ではないかな?
貴方も試してみたら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

小樽マイカルでラブリーボーン

昨年一月の道新ホールでの試写会以来だから、約一年ぶりに映画館に行った。
奥さんがTVで予告編を見たラブリーボーンを小樽マイカルシネマで観てきました。

Dpp_1028 映画は13時10分からなので、まずは腹ごしらえ!同じウイングベイ内の魚一心というお店で「小樽」と言う定食をいただきました、天ぷらとおすしと蕎麦のセットでどれもなかなか美味しかった。
丁度昼時で店が混んでいたので美味しかった定食の写真はなしです。
お腹も膨らんだところで、マイカルシネマへ

Dpp_1029Dpp_1030Dpp_1031

映画と言えば、そう!ポップコーン!
お昼を食べたばかりなのにしっかり買ってます、コーヒー二つと・・・
あと、平日とはいえお客さんが少ないこと、10分前に入ったときは私たちを入れて5人ほど、始まった時点で10人ほどの観客数でした、見る分には空いてて良いが・・・大丈夫なのか?

さて映画だが、私としては最後に少女が発見され、犯人が捕まって欲しかった。

てな感じで、美味しい食事と久しぶりの映画を楽しんできました。

Dpp_1032 おまけ、行くときは止まっていた観覧車が帰りに動いていたので、一枚
連絡通路からだとTX1ではこれが限度、やはり広角から始まるズームがいいなー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »