« それはキャロルから始まった | トップページ | CROWN来る! »

2009年10月21日 (水)

EOS-1DMarkⅣ

先日のNikonに続き、Canonも常用感度100~12800、拡張感度50~102400のカメラを発表した、EOS-1DMarkⅣである。
Eos1dmk4 1DMarkⅢの連写速度はキープし、高画素化(1010万→1610万)、高感度化(3200→12800)を果しての登場、APS-Hサイズで1610万画素の高感度が可能なら、単純に考えるとフルサイズで2700万画素の高感度も可能な気がする。

いずれにしても、これからは常用感度~12800が常識となるのだろう。

しかし、この勢いで高画素化・高感度化が進むとどこまで行くのでしょう?
一部のプロ用と言われる機種を除き、高画素化はこの辺で落ち着いても良いのでは、と私は思うが・・・

D3Sの時も書いたが、プロ用機種は高いね~これも60万円近くするそうだ。

|

« それはキャロルから始まった | トップページ | CROWN来る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/46542362

この記事へのトラックバック一覧です: EOS-1DMarkⅣ:

« それはキャロルから始まった | トップページ | CROWN来る! »