« Qcamが認識されない! | トップページ | カメラグリップの取り付け »

2009年7月22日 (水)

皆既日食

今日は46年ぶりの皆既日食の日だ。
皆既日食はテレビで楽しむとして、札幌の部分日食も見たいものだ。
Dpp_0006 しかし天気予報では曇り空・・・どうしよう・・・と考えているうちに当日になってしまった。
テレビでは皆既日食が見られるポイントからの中継で賑わっている。札幌は?と空を見上げると、やはり雲に覆われている。でも時折、雲が薄くなっているところから太陽が透けて見える、もしかしたら太陽が雲の切れ間から顔を出すかもしれないので、急遽身の回りにあるものを利用して観るための道具を作ることにした。Netdで調べ、出来そうなのがピンホールを利用したもの、これは段ボール箱とアルミホイールがあれば作れそう。
先ずダンボールだが、これは大きいほど投影される太陽が大きくなるので良いのだが、取り回しにくくなる、なるべく細長いものを探した。ちょうどパソコン部屋にこの前買った三脚の箱が置いてあったのでそれを利用することにした。寸法は70センチ程あるので約7ミリ程度の大きさに見えるはず。
Dpp_0007ピンホールはアルミ箔を利用し作った、穴の大きさは大きいほど明るい画像になるがボケる、でも今日は曇り空、明るさはあまり期待できない。テストして いる暇はないので3種類ほどの穴を開けておいた。
また、太陽が映る部分には白い紙を張ったパネルを用意し見やすいように角度調節した。
さあ、にわか作りの道具で果たして部分日食が見れるでしょうか?

新聞によると札幌のピークは11時10分ごろと出ていた、10時ごろには用意も完了し太陽 が顔を出すのを待っていたがなかなか雲が切れない、それでも10 時半ごろ厚い雲の切Dpp_0009れ目から少しだけ太陽が見えた、完全に雲が切れていないので明るさが足りないが欠けた太陽が映し出された、明るさが足りない為か一番小さい穴は映っていない。
この後は雲に隠れピークの時間になっても太陽は顔を出さなかった。
しかし11時半ごろにもう一度顔を出してくれた、この時は小さな穴もぼんやり見えていた。
Dpp_0010札幌手稲区の天体ショーはこれで終了となった。終了までの間太陽が完全に雲から出ることはなかったのが残念だった。今度見られるのは26年後とか、私としてはこれが最後かな?
あまりはっきり映ってないが、記念なので載せておきます。

さて沖縄方面(悪石島)等にツアーで行っている人たちは皆既日食を見ることが出来たのでしょうか?天気が悪そうだったが・・・
テレビでやっていた、硫黄島と太平洋上の船舶からのハイビジョン中継を見ましたが、幻想的でしたね~
特に船上からの中継で頭上は闇になり360度広がる地平線のかなたはぐるり夕焼けのごとく赤く染まっている映像、神秘的でもあったな~、現場で見たらものすごい感動だったろうと思う。
ダイヤモンドリングも綺麗だったな~
貴方は見ましたか?

|

« Qcamが認識されない! | トップページ | カメラグリップの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/45709778

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食:

« Qcamが認識されない! | トップページ | カメラグリップの取り付け »