« 皆既日食 | トップページ | 電源ファンの掃除 »

2009年7月23日 (木)

カメラグリップの取り付け

Dpp_0011 昨日aky4kさんの買い物(液晶テレビ・ブルーレイレコーダー)にお付き合いし電気店回りをしてきた。
回った店の中にヨドバシもあったので、カメラコーナーで5DⅡに使うカメラグリップを買ってきました。
カメラグリップとは何かというと、写真のようにカメラを持つ右手の甲を包むようなバンド状のもので、カメラグリップに手を通してカメラを持つことで手とカメラが一体となってカメラが安定するものです。

なぜ今カメラグリップを装備するかというと、5DⅡはやはり一寸重いので確実なホールディングが出来るように買って見ました。
取り付けには三脚用のネジ穴とストラップ取付部(右)を使い取り付けますが、これを付けるとストラップが付けられなくなります。撮影時にストラップはなくても良いのですが、と言うかあると邪魔で腕に巻いたりしています、しかし移動時にはストラップがあったほうが良い。
考えた結果カメラグリップを取り付けた状態でストラップをワンタッチで着脱できるようにする事にした。

Dpp_0013 問題はワンタッチで着脱するための金具である、カメラのストラップ取付部に直接金物を使うとボディに傷をつける可能性があるので×、また樹脂製のパーツは強度が心配である、そこで左側の取付部は昔フィルムカメラ時代に使っていたストラップのバンド部を利用して、金具を引っ掛けるためのDリングを、カメラをぶら下げた状態でボディに当たらない位置まで離すことにした。
このバンドを留めるのが大変だった、確実なのはボルト・ナットで固定すると安心なのだが、どうしてもボルトの頭やナットがボディに当たる、結局糸と針を使い縫い合わせた、縫うのは大変だったが外れては困るので、がっちりと留めました。
Dpp_0012 次に右側、こちらは簡単で、カメラグリップのバンドにDリングを入れるだけ、あっ、Dリングがボディ側に行かないように、古いストラップのパーツを一個入れてあります。
この様に左右にストラップを取付するためのDリングが取り付きました。

後はストラップにホーマックで調達してきたフックを取り付け完成です。
Dpp_0015Dpp_0014これで、撮影時はカメラグリップのみで使い、移動する際はストラップを取付ぶら下げる、いいんでないかい?

|

« 皆既日食 | トップページ | 電源ファンの掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/45718427

この記事へのトラックバック一覧です: カメラグリップの取り付け:

« 皆既日食 | トップページ | 電源ファンの掃除 »