« 粘り勝ち | トップページ | 初めての道東での釣り »

2008年6月17日 (火)

+温泉の釣行

先月に引き続きS氏・K氏と三人で虻田港へ行って来ました。
Dpp_0185_2週間天気予報がずれ込んで出発当日は雨模様だった、予定を組んだ時点の予報では雨も上がり回復しているはずだった。でもホテルの関係もあり多少の雨は覚悟で合羽も用意した上、札幌を15日の午後10時過ぎに出発し一路虻田港へ、虻田港へ着くまでの道のりは雨が続いていたが・・・
虻田に入ったころから雨も上がり、予報は外れてまったく雨に降られることはなかった。午前0時過ぎの防波堤には誰も居なく、一番条件のいい先端部分で三人して普段の心がけが良いのだと話しながら、1時頃には各自竿3本のセッティングが完了し釣が始まったのでした。
今回の釣果はK氏が一番多く釣上げ一人忙しく動き回っていた時間帯があった、次にS氏が珍しい(私は今まで見たことがない)カレイを釣り上げました、今まで見たカレイは腹というか片側は白だったのだがこれは黄色なのです、数が少なく高級魚で「たかのは」と言うらしい。
私は釣果は少なかったが、今回の中でサイズでは一番の32cmのイシモチが釣れました。
今回の釣果は3人で50程だったが、魚種が非常に多かったのも楽しめた事です、平物ではマガレイ、スナガレイ、イシモチ、宗八、タカノハ、丸物ではホッケ、コマイ、アブラコ、ガヤ、ドンコ、それにカジカも釣れたしカニも、なんと12種類もありました!
お昼近くまでたっぷり釣りを楽しんで、洞爺湖へ温泉につかり徹夜の疲れを癒し、今日(17日)帰ってきました。
若い頃と違い徹夜は体にこたえたが温泉で疲れもとれ、楽しい釣行だった。
釣に夢中になり何時も写真を撮るのを忘れてしまう・・・
30オーバーのイシモチをあげた時、S氏が撮ってくれたものです。

サミット警備のため日本全国から警察関係者が集まっていると聞いていたが、パトカーがあちらこちらに駐車していたり、道外ナンバーの機動車両が走っていたり警官だらけだった。

|

« 粘り勝ち | トップページ | 初めての道東での釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/41562773

この記事へのトラックバック一覧です: +温泉の釣行:

« 粘り勝ち | トップページ | 初めての道東での釣り »