« モニターの回転 | トップページ | 最後の出社 »

2007年12月20日 (木)

消滅す・・・

12月12日に最後の仕事をしてから、パーツの整理をし事務所の整理をしていた。部品が無くなり、使う備品をそれぞれの場所へ発送し、今日使わない備品の処理業者が来て事務所の中は空になった。

昨日までは自分達で整理し発送していたので時間がかかったが、気持ちが整理のスピードにそれなりに付いていけたような気がする、空にはなっていたがまだ事務所の形をかろうじて保っていた。Conv0001_2

しかし、今日業者が来て事務所は空になった。7~8人で「あっ」というまに運び出した。35年使い続けた部品庫や修理台がいとも簡単に運び出されていく、私が入社後生まれたSCが目の前で消滅して行く・・・物凄いスピードで・・・
本当に「あっ」というまの出来事だった・・・跡にはガランとした空間だけが残った・・・
そこには、現実のハイスピードに気持ちがついていけない自分がいた。

しばらくは何も手につかず、時間つぶしに持参した映画をノートPCで見ていた。その後、備品の運び出しで汚れた事務所の床を掃除した、この床も事務所の引渡しまでには解体され撤去される運命だから、掃除してもしょうがないのだが・・・
FAX機が無くなり電話も取り外した、もう電話に出ることもない・・・
消滅したのだ・・・

今回の事を後悔しているわけではない、仕方のないことだし良かったとも思う。将来に不安が無いわけではないが、何とかなるだろう。
ただ、35年もやってきたことが、たかが半月で消滅する現実に気持ちがついていけないでいる、今はまだ胸にポッカリ穴が開いたままである、多分時間が解決してくれるのだろう。

|

« モニターの回転 | トップページ | 最後の出社 »

コメント

35年間ご苦労様です。貴方の今の気持ち察するに余りあります。私も貴方と同じ経験を26年前に経験しました。それはアメリカの本社の解体から始まって日本に有るわが社にも飛んできました。わが社の農機部門の撤退が始まり、私の所属する別海営業所が閉鎖になり私が最後まで残り、後かたずけをしました。その時看板をはずしたときには、思わず涙が出て止まりませんでした。何と表現してよいか文字には書き表せないほどの悔しさと、惨めさで本当に涙が止まりませんでした。今思い出しても(これを書きながら)涙が出てきます。
まだ年も若く、妻は身重で本当に将来どうなるかと不安でいっぱいでした。こんな不安な気持ちを妻には悟られないようにするのがつらかった思いがあります。
ken2yさんは人生の仕上げを目前にしての経験でさぞ悔しい思いでいっぱいでしょう。
でも気持ちを早く切り替えて、奥様と一緒にこれからの人生をエンジョイして奥様孝行をして下さい。

投稿: aky4k | 2007年12月21日 (金) 23時10分

aky4kさん、ありがとう。皆色々経験しているんだよね。
じゃあ、これからは奥様孝行をしますか(笑

投稿: ken2y | 2007年12月22日 (土) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/17429695

この記事へのトラックバック一覧です: 消滅す・・・:

« モニターの回転 | トップページ | 最後の出社 »