« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

下船の決断

Xデーは26日だった。内容はメンテセクションの再編である、メンテセクションを大型新造船に集約し、メンテは全てそこで行うと言うもの。私の現在乗務する船の技術者は3名である、その3名とも新造船への乗務を命ぜられたが、一人は健康上の理由で、私は家族の都合で、新造船がいる地域への単身での移動が困難なため、定年まで3年を残し下船を決意した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

えぇ~~初めてなの~?

今月2度目の連休、遠出はしたくないけど天気が良いので何処かへ行こうと思い、奥さんConv0001と話していると野幌森林公園に行こうという事になった。行ってみると百年記念塔は閉館していた、そこで奥にある北海道開拓の村へ行ってみた。行ってみて気が付いたが、札幌に住んで30年以上経つが一度も来た事がない?、そうだ初めてなんだと分かった。そしてだだっ広い、10時から2時ごろまで居たが、歩きつかれて半分ほどしか回れなかった。又暇が出来たら行って見たいと思った。撮って見たい物がたくさんあり、今日は250枚以上撮ってきた。その中から時代を感じるものをピックアップし、久しぶりにphoto galleryに写真をアップしましたのでご覧下さい。

 

 

Conv0004_3 Conv0005_3

Conv0003_3

今日は丁度秋のふるさとまつりと言うのをやっていて、かぼちゃといもをご馳走になってきた、この開拓の村で無農薬で作ったものらしい、美味しかったのでつい隣で売っていた男爵芋を買っていた。それを持って歩いたので余計に疲れたんだと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

突然の銀河系離脱発表から8ヶ月

突然の銀河系離脱発表から8ヶ月が経った。”もうすぐ銀河系離脱だ!”、”カウントダウン開始!”、”1ヶ月”、”3ヶ月”・・・と、その時々の思いを綴って来た・・・が、銀河系離脱してから6ヶ月、いよいよ私たち技術系の人間のXデーが近づいてきた。司令部の考えが伝わらず、未来予想図を描けずもやもやした6ヶ月だったが、どうなるにせよXデーにははっきりする。所属する艦隊が変わるのか?或いは大幅縮小?はたまた船を下りることになるのかも?、いずれにしても私は技術屋だ、メンテセクションでしか生きられない。今の仕事で必要とされるなら、この先も船に乗り続けるつもりだ。さあ、この話も終盤を迎えるのか、もう少し続くのか?月末にはこのブログで明らかに!ご期待ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

老いる

今年は何故か両親が急に老いたと感じる。父は大好きな花の手入れをする時間も減り、外へ出る機会が減った。母はテレビで台風が沖縄に接近等のニュースを見ると、台風がくると心配で眠れなくなる。このような事が非常に多くなってきた。遠出も体力的に難しくなってきている。少しでも動けるうちにどこかへ連れて行こうといろいろ考えた、今は過疎で訪ねる家も無いが、幼き頃又結婚した頃過ごした場所に行って見たいのではないか?そこで両親が生まれ育った場所を巡る事にした。私が小学1年で姉が小学2年までしか住んでいないので、現地で場所を特定する事は無理だし、父の記憶だけで分かるかどうか心配なので、叔父さんに同行をお願いした。母が体調不良で参加できなかったが、姉夫婦と現地(朱鞠内湖)で落ち合う事にし、故郷巡りの旅が始まったのです。
雨が続いており当日晴れるか心配していたが、午前中の早い時間に回復し晴れ間も見えるようになり、予定通り朱鞠内湖で合流できた。まず父が生まれた頃、家があった場所へ行ってみた。叔父さんの記憶を辿りながら探していると、当時近くにあったお寺を発見した。今は資料館として使われていたが外観的にも歴史を感じるお寺がそこにあった。Conv0006
畑のあった場所や私や姉が通った円形校舎の小学校を訪れ、最後に父の仕事の関係で朱鞠内を出るまで住んでいた場所へ、ここは私と姉にもほんの少し記憶がある、小学校へ行く為の坂道と家の横にあった小川の位置関係から多分ここだろうと言う場所を見つけた。父は違うような事をいっていたが、当時と現在の道路等のギャップが大きいため確実な位置は不明だった。帰り道今は無き深名線(国鉄)の朱鞠内駅があった場所へ行き記念写真をとり朱鞠内を後にした。
次に訪れたのは私と姉が学生時代の殆どを過ごした達布へ行った。住んでいた場所は父が炭鉱勤めだったので道道から3㎞ほど入った山中だった。閉山に伴いその道は通行止めになっている。
私たちが通った小学校と中学校が一体になった小中学校の校舎が有った場所や通った道は、ダム建設ですっかり地形も変わり多くは水没の場所に位置している。
その場所でしばしそれぞれが記憶を辿り思いにふけっていた。ここで姉夫婦と別れ夫々帰路についた。

故郷を巡ってみて、叔父さん・姉・私の3人は故郷の地に立って、記憶を呼び起こし過去に遊ぶ事が出来たと思う。それに比べ父は少し冷めた感覚で故郷を見ているように感じた、叔父さんの問いかけにも反応が鈍い、老いると記憶が断片化するのだろうか?その記憶の糸口を結び付けまとめるのが難しくなるのか?先日聞くと朱鞠内に行ってきた事は覚えているようだ。もう少し早い時期に連れていってあげれば良かったのかな?と思った、後悔先に立たずである。
今回の旅で父の脳裏には何が浮かんだのだろうか?新しき思いでとして何か記憶されたのだろうか?少しは喜んでもらえただろうか・・・

これを書きながらつくづく感じるのは朱鞠内の案内を叔父さんにお願いして本当に良かったと言う事。父の記憶ははっきりせず叔父さんがいなければ殆ど分からずに終わっていたでしょう、叔父さんには大・大・大感謝であります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

ロングドライブ

Conv0003_5Conv0004_4 久々のロングドライブ、道北の朱鞠内湖へ行ってきました。生まれ故郷だったりするんですねー500㎞13時間の旅でした。

 

 

 

Conv0001_3

Conv0002Conv0005_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時期はずれの為か人影はまばら、紅葉のシーズンも良いかも?朱鞠内湖   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

身近なライトアップ

Conv0014一寸した用事で出かけた帰り、前田森林公園近くの新川に掛かる橋でライトアップを発見しました。

三脚はないのでガードレールに載せて撮ってみました。

近くにも絵になるところがあるもんだね。

 

Conv0013 次の1枚は夕日と愛車、何か高級車に見えない?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »