« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月25日 (水)

1ヶ月

新しい船出から1ヶ月が経とうとしている。世の中の変革の波と言うBigWaveに苦しみ、BigWaveに対応する為、本隊と分かれスリムになって、世の中の変化に素早く対応し、自分たちの改革のスピードを上げる目的で銀河系離脱をしたはず?・・・が、1ヶ月が経とうとしているのに、変化が見られない、これを機に行動を変え意識を変え、新しい航法(システム)を創らねば生き残れない、と私は考える。私の仕事は、船のメンテだ、船がどのような状況に置かれても、常に快適に航行できるようにするのが仕事ではあるが、船の進路Story04_2 が気になってどうしようもない、未知の世界に出た筈だが、今までと同じ航法で前進している、現状に合った航法を探し出す努力が見えない、古い航法でもいけると思っているのだろうか?、一つ間違えばブラックホールに突入しそうである。ブラックホールに入ってしまう と強大な力に押し潰され消滅するだけだ。私は航法を考えるプロではない、しかし銀河系内にいた時から、その航法は今の時代に合わないと、指摘されていたではないか!それを変える為又、そのスピードを増すための銀河系離脱ではなかったのか?。操舵室内の状況はほとんど知らされない、現状を打破するためにも全員が一丸となる事が必要ではないのか、もっとオープンな環境と皆で知恵を出し合う事が大切なのでは。航法のプロたちが本気で新しい航法を模索している事を願うものである。
先日、メンテ・セクションの作業量の調査があった、多分メンテ・セクションの整理か統合を考えているのだろう、現状は、各船にメンテ・セクションがあり船ごとに速メンテが可能な状況だ、効率を考えるとメンテ・セクションを母港に集約し、メンテが必要な船を母港に帰還させ整備する方が効率的だろう、もっと極論はメンテを外部に委託する方法もある、いずれにしても不採算部門は無いに越した事はない。しかし、技術屋の立場で考えると、私たちの船は最新技術をふんだんに取り入れた、ある意味非常にシビアな船なのだ、この船を整備するには、今までこの船にかかわってきた技術者の経験とその知識が必要不可欠なのだ、メンテが必要な船が母港まで航行できない事が発生する可能性もある。でも船に乗る人たちは、目的地によっては、最新ではないがメンテの必要ない船に乗り換える事も可能なのだ、さて船の行く手に待ち構えるものは何か?そして私たち技術者はどうなるのか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »