« 青森にて | トップページ | 追憶 »

2005年9月10日 (土)

函館出張

今回も出張の話です。昨年の結構被害を及ぼした台風と同じコースを、同じ時期に来た台風14号。その14号に向かうように、今日(7日)は札幌から函館まで行くのです。天気予報によると今夜あたり北海道に上陸しそうなので、当初の予定より早い列車に変更し、乗ったのが北斗14号でした。流石に乗客も少なく、となりの座席も空いていてゆったり乗れましasaiti2た。札幌を出発し、千歳・室蘭とだんだん雨足と風が強くなってきました。函館に到着するまで暴風域に入らない様に祈りつつ乗っていると、長万部を過ぎたあたりから雨足も弱まり、大沼では雨も上がっていて風もあまり無い湖面が見えました。台風の進路でも変わったのかな?と考えているうちに、雨が強くなりどしゃ降りの函館に到着しました。風はそれほど強くなく台風は何処へ行ったの?という感じだった。

函館での仕事を片付け翌日(8日)は盛岡へ移動で、出発まで少し時間があったので、昼食後新しくなった駅舎と朝市を携帯で写してみました。駅舎は立派になっていいのですが、朝市の駅に面している一角は、いかにも観光客相手の食堂街に見えました。少し奥へ行くasaiti と昔ながらの朝市らしい風情を残したところもありましたが、函館朝市と言う名称に違和感を覚えた。時間となり白鳥に乗車し八戸へ向かいました、この白鳥も台風の為か乗車率は低く、非常に空いていました。しばらく走ると青函トンネルです、私としては2度目の通過になります。前回は3年程前に郡山出張の帰りに、寝台特急北斗星で通ったことがあり、その時は郡山で乗車し個室に入り、青函トンネルの通過を楽しみにしていたんですけど、仕事の疲れか睡魔に負け、殆ど寝ていてあまり記憶にありません。今回は昼間の通過なので、青函トンネル初体験みたいなもんです。実際に通過した感想は、少し長い通常のトンネルを抜けたと言う感じでした。吉岡海底駅等で見学者の為の停車があるので、あーここが津軽海峡の下なんだな~と、思っている間に出てしまった。これは私が2度目の通過だからなのか、あまりワクワク感が無かったのが残念でした。

八戸からは、新幹線に乗り換え30分程度で目的地盛岡到着です。やはり新幹線(はやて)は速いですね、これが青森そして将来札幌まで開通したならば、出張は全て新幹線になるのではないだろうか。腰の弱い私にとって長時間座っているのは大変だよ、いやその頃は定年で仕事はしていないか、チョット安心?。

|

« 青森にて | トップページ | 追憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148774/8018309

この記事へのトラックバック一覧です: 函館出張:

« 青森にて | トップページ | 追憶 »